copyright (C) Yasuyuki KAWANISHI + ICHIBANSEN / nextstations all rights reserved.

  • ICHIBANSEN facebook
  • ICHIBANSEN instagram

清和幼稚園

Seiwa Kindergarten, Kochi City, Kochi Pref., Japan
Kids find their own space
子ども自ら発見する空間

This project is to design a childcare and education space to foster autonomy and creativity by enriching the limited interior. Seiwa Kindergarten, the client in Kochi City, needs to differentiate from other kindergarten owing to the competitive society of kindergarten business. On the other hand, parents request security and the space to enhance children’s sensibility. Thus, we designers considered and translated their both points of view.

The intention of the design is that children can ‘discover a place’ and ‘create a place’ by themselves. Moreover, in order for them to feel local nature nearby, the furniture is made of local timber such as cypress and cedar from Kochi prefecture.

Although conventional furniture for kindergarten is inexpensive and dirt-resistant because of the ready-made product of plastics, it is always the same shape and same use. In the case of the furniture we designed, the kindergarteners can arrange desks and chairs freely by themselves: circular style that they can enjoy their meal while looking at friends’ smiles, event style that they can play games such as musical chairs, lesson style that they can concentrate on the blackboard, group style which suitable for small group activity, and many others. Unlike typical rectangular furniture, it can be a tool to develop their creativity because the furniture makes it possible to change the disposition in accordance with various situations. Not just for children but also for the nursery teacher, the desk and chair are easy to carry; additionally, the desk is foldable for effective use of the limited space.

 

The toilet, which should be the centre of daily life of nursing for 1 or 2 years old children, tends to be located on the corner or outside of the room due to water supply and ventilation. Therefore, by locating the toilet in the centre of the room purposely, we tried to make them overcome the negative feelings for the toilet such as ‘dark’ or ‘scary’. It must be effective for leaving nappy and toilet training to create a space where children can say ‘I wanna go to the bathroom’ on their own. This toilet can be the leading part of space you have never seen before.

 

Finally, needless to say, safety is the most crucial factor; in order to prevent accidents in the narrow building, the stairs and rooms should not have a dead angle as much as possible. In addition, the space must be safe and variable because it could be utilized as the shelter from the tsunami disaster.

高知市に建つ狭小な都市型幼稚園。限られた室内空間を豊かにすることで、自発性を育てる保育・教育空間をデザインした。待機児童がほぼいない高知市では、幼稚園としては経営戦略のために他施設との差別化必要があった。一方、保護者からは安全安心の空間や子どもの感受性アップ等の要望があった。私たちデザイナーはそれぞれの立場を代弁・翻訳し、デザインに至った。

子どもたちが自ら「場を発見」して、多様な「場を創る」ことができ、それぞれの活動が共存できることを、設計者として意図した。常に身近に地元の自然を感じることができるよう高知県産ヒノキ材やスギ材を活用し、丸・正方形・五角形などの幾何学をモチーフとして空間を構成した。

従来の幼稚園児向け家具はプラスチックの既製品のため安価で汚れに強いが、いつも決められたカタチ、いつも決められた使い方しかできないものが多い。私たちのデザインした机や椅子は、自分たちで考え、自由に組み合わせることができる。みんなの顔を見ながら食事を楽しめる円形スタイル、椅子取りゲームができるイベントスタイル、黒板に向かって集中できる授業スタイル、少人数での保育にも対応した班活動スタイルに対応できる。一般的な長方形の家具とは違い、組み合わせ方によって様々な場面に適したカタチをつくることができるため、創造性や自発性を育てるツールとなっている。また、限られたスペースを有効活用するため机は折りたたみ可能とし、椅子にも持ち運びやすい工夫をすることで、園児だけでなく女性の多い保育士への業務負担にも配慮している。

1〜2歳児の保育において生活の中心であるトイレは、給排水や換気の関係からいつも部屋の外や隅っこへ追いやられがちである。そこで、あえてトイレを部屋の中心に設けることで、トイレの持つ「暗い」「こわい」といったマイナスなイメージを払拭する。園児が自分から「トイレに行きたい」と言える空間を作ることで、おむつはずれやトイレトレーニングにも効果的である。今までに見たこともない、空間の主役となるような、自発的に行ける見守りトイレを目指す。

もちろん、安全性能は万全を期している。狭い園舎内において子どもたちが出会い頭に衝突する事故などを防ぐため、階段や保育室は出来る限り見通しの良い空間としている。また、津波などの災害時や地域のイベント時には大勢の人々が利用する建物となるため、安全かつ可変性のあるデザインとしている。

概要

事業主:  学校法人清和幼稚園

工事概要: 室内設計、家具設計

所在地:  高知県高知市南万々110-2  JR土讃線円行寺口駅から徒歩4分

設計・監理:株式会社イチバンセン
      (担当:川西 康之 + 横田 賢治 + 姫野 智宏)

      株式会社井上建築設計工場

グラフィック:株式会社 Arigato Design Consulting(泉 薫平)
建築施工: 株式会社建築企画曽我 + 株式会社宮崎技研
家具製作: ばうむ合同会社

完成時期: 2018年(平成30年)3月​(第一期)、8月(第二期)

prized 受賞
NPOキッズデザイン協議会 第12回キッズデザイン賞2018
公益社団法人 国土緑化推進機構等 ウッドデザイン賞2018

 

→清和幼稚園公式サイト