Kintetsu commuter train 近畿日本鉄道 新型一般車両

Osaka, Nara, Kyoto, Mie and Aichi prefectures, JAPAN
日常の華やかさを創る電車

日常の華やかさを創る電車

image and designed by ICHIBANSEN / nextstations, copyright (C) all rights reserved.

日常の華やかさを創る電車

日常の華やかさを創る電車

image and designed by ICHIBANSEN / nextstations, copyright (C) all rights reserved.

日常の華やかさを創る電車

日常の華やかさを創る電車

image and designed by ICHIBANSEN / nextstations, copyright (C) all rights reserved.

日常の華やかさを創る電車

日常の華やかさを創る電車

image and designed by ICHIBANSEN / nextstations, copyright (C) all rights reserved.

日常の華やかさを創る電車

日常の華やかさを創る電車

image and designed by ICHIBANSEN / nextstations, copyright (C) all rights reserved.

A new commuter train
日常の華やかさを創る電車

The introduction of the new commuter train for Kintetsu Railway is planned for the first time in more than 20 years. Mr. Kawanishi, the president of ICHIBANSEN, was born in near Yuzaki Station, Nara Prefecture and grew up watching the Kintetsu train since childhood. With the declining birthrate and aging population at Osaka and Nara around the Kintetsu line area, it is necessary for creating new value and concept for a new commuter train.
We have been studying the interior and exterior design with Kintetsu Railway company and Kiinki Sharyo company from the basic initial concept stage to the concrete design stage. We have proposed a design concept of "everyday's gorgeousness" with the aim of creating a train that looks like fun clothes that you will never get tired of wearing.

We are currently working on detailed design. We hope that this new commuter train will contribute to the creation of a new life along the Kintetsu line for my hometown.

our client: Kintetsu Railway Co., Ltd.

our team: Yasuyuki KAWANISHI, Ryosuke SATO / ICHIBANSEN/nextstations

collaborator: Kinki Sharyo Co.,Ltd.

service will be from autumn 2024

近畿日本鉄道にとって、20数年振りの一般車両の導入が計画されています。近鉄沿線はいっそう少子高齢化が進み、通勤通学の混雑を解消する課題よりも「住んでみたい沿線と街か?」「子育てしやすい沿線と街か?」が問われる時代になりました。
当社代表の川西は、近鉄結崎駅(奈良県川西町)近くの出身で、子どもの頃から近鉄電車を見ながら育ちました。奈良県民が好きな習い事・学校への通学、日常の買い物もすべて近鉄電車の利用が生活の一部でした。その経験から、近畿日本鉄道と沿線が抱える課題点には個人的に強く共感し、次世代の一般車両の基本的な初期コンセプト段階から具体的な設計段階まで、近畿日本鉄道や近畿車輛の皆さまと共に内外装のデザイン検討を進めて参りました。

当社では主に内装インテリアを担当し、毎日着ても飽きない楽しい服のような電車を目指して「日常の華やかさ」というデザイン・コンセプトをご提案しました。お身体が不自由なお客様・お年寄りはもとより、ベビーカー連れ・大きな荷物をお持ちのお客様など様々な立場の方に優しい電車であるよう、気兼ねなくご利用頂ける新しいスペースをご提案しています。華やかさと機能性を両立したインテリアをデザインし、現在は詳細設計の作業を進めています。​

この新型一般車両が、当社で設計監理中の近鉄結崎駅舎・公園と共に、我が故郷の近鉄沿線の新しい生活創造に寄与することを願っています。

概要

事業主:    近畿日本鉄道株式会社

デザイン監修: 株式会社イチバンセン ICHIBANSEN / nextstations
       (担当:川西 康之、佐藤 亮介)

協働・車輌製造:近畿車輛株式会社

営業開始予定 :2024年秋ごろ